上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演歌歌手の長山洋子が結婚しました。相手はひとつ年下の41歳で、派遣会社を経営するアメリカ人です。

関連の人材派遣会社「スキルハウス・スタッフィング・ソリューションズ」(東京都港区)を経営。2年で年商20億円の会社に成長させました。






出会いは06年9月で、当時放送されていたTBSの「世界バリバリ★バリュー」での共演。女性芸能人が独身社長を直撃するコーナーで、スミス氏が長山洋子を指名しました。

長山洋子が気に入られた形です。日本人の40代は年下が好みの人も多いですが、アメリカや海外男性は年上の女性が好みという人も多いですね。

「無我夢中で歌い続け、ふと気づけば、ぼちぼち女としての幸せを考える“ど・アラフォー”に立っていました」

「歌謡界で骨をうずめる覚悟で歌ってきた歌手長山洋子の夢ひとつ、その気持ちに変わりはありません」

「歌に支えられ、人に支えられてきた人生。特にファンの皆様には一生感謝しています。大好きな歌です。歌い続けます」

なんとなく結婚は早くするべきみたいな風潮がありますが、時期が合っていればベストなパートナーが見つかるものですね。

この男性に合うためにこれまで独身だったと言ってもいいのかもしれません。


【2009/04/07 18:28】 | スポーツ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。